闇金融の手口・押し貸し・ソフト闇金との違い

闇金融の手口とは

 

正規の業者とは違い、闇金融は非正規の業者になりますので、法律を無視するような貸付行為をしてきます。闇金の手口として有名なものといえば、まず法外な利息があります。

 

基本的に闇金は高額の融資をしませんので、最初は数万円ちょっとのお金しか貸しません。しかし、そのような少額の融資であっても、法外な利息をふっかければ1週間で1万円に2万円、3万円と高額の利息が追加されていきます。

 

当然、このような法外な利息をふっかけられて支払うことができる人なんていませんので、一度闇金融にハマってしまうと永遠にお金を返済することになります。闇金融はこの永久にお金を払う状態に債務者をしてしまいたいのです。完済させることが目的ではありませんので、いくら返済しても借金地獄から抜け出すことはできません。

 

もちろん、違法行為なのだから無視すれば良いのですが、闇金融の取り立ては正規業者のような手続きに則ったものではありません。自宅だけでなく職場にも電話することもあれば、迷惑行為や脅迫行為も平然とやってのけます。

 

精神的なプレッシャーを与えてお金を返さないといけないように仕向けるのが闇金の手口です。闇金からお金を借りて良いことはなく、さらに悲惨な結果を招くだけです。

 

闇金融の押し貸しって?

 

押し貸しとは申し込みをしていない相手に突然口座にお金を振り込んで、無理やりお金を貸し付ける行為です。闇金融は押し貸しをした後、貸したお金に対して高額の利息をふっかけて請求、応じないと脅迫してでも支払わせようとします。

 

もしもこのような押し貸しの被害に遭われたら、すぐに警察に相談するのがもっとも良い対策になります。押し貸しは違法行為であるだけでなく、勝手に口座にお金を振り込んだのですから、そもそも返済義務すらありません。しかし、返済をせずに放置をすると、闇金融の中には延滞していると難癖をつけて脅迫や、悪質な迷惑行為に出る可能性があります。

 

このような被害に遭わないためには無闇に口座情報を他人に教えないなど、情報管理を徹底することが大切になります。インターネットで現金のやり取りをすることが多い昨今、口座情報をネット上で教える機会も増えてきていますが、余程信用できる所であってお警戒心を緩めず、不要に個人情報を教えないようにすることが被害に遭わないようにするための秘訣です。

 

押し貸しの被害は警察に相談すればすぐに止まることが大半ですが、トラブルをわざわざ自分から招く必要はありません。知らない相手に口座情報は教えず、どのような理由があっても口座情報をネットで公開しなようにしましょう。

 

ソフト闇金融と闇金融の違いとは

 

ソフト闇金と闇金融の違いは名前くらいです。基本的にどちらも違法行為をしていることに変わりはありませんので、利用してはいけません。

 

では、ほとんど違いがないのになぜソフト闇金などと名乗っているのかといえば、それはそのような名前を使用した方が被害者を募りやすいからです。

 

いくらお金に困っているからといって、わざわざ闇金融からお金を借りようと考える人はいません。しかし、被害者がいないと闇金融も利益が出ません。そこで、ソフト闇金と名乗ることで、あたかも闇金融のような悪質さはないように装うのですが、名前がちょっと柔らかくなっただけで中身は一緒、大差はないです。

 

たまにソフト闇金は闇金融よりも金利が安いから少ない負担で借りれるといったデマがネット上で拡散されますが、実際にはそのようなことはなく、むしろソフト闇金の方が法外な金利をふっかけることもあります。

 

闇金よりもソフト闇金の方が安心だという情報は基本的に根拠がなく、デタラメであることが大半です。インターネットが発達している今の時代、闇金融に関する情報はネット上で簡単に調べることができます。そのような時代、今まで通りの方法では闇金融を利用する人を募ることができなくなったので、ソフト闇金という名称を使って借りやすいイメージを演出しているだけです。

 

闇金融もソフト闇金も法外な利息を請求してくるので、利用は避けましょう。