借金返済間に合わず延滞したらどうなる?

延滞したらどうなるのか

◇借金の取り立てって厳しいのか?

 

結論から先に言うと、正式な貸金業者である金融機関の取り立ては、それ程厳しくはありません。
あえて順位を付けるのであれば、銀行と消費者金融を比べると銀行は厳しい傾向にあります。

 

銀行は消費者金融に比べて、あまり融通を効かせてくれないので期日は守らなければいけません。
少し返済が遅れますという陳情は、全て駄目とは言いませんが通り辛いのが現実です。
勿論延滞時の契約についてもしっかり決まっているので、その契約通りに事が進んでいくことになります。
金利が消費者金融よりも低い分、借りた後は例外が認められないのが銀行の特徴です。

 

消費者金融はある程度融通を効かせてくれます。
とはいってもあくまで銀行と比べてであって、借金そのものは延滞金等がプラスされます。
待ってはくれますが、借りた側が得するようなことはありません。

 

基本的に、期日にしっかり返済していれば取り立てはありません。
あくまで取り立て(催促電話)が発生するのは無連絡で延滞した場合のみなので、それほど多くの方が経験する事でもない筈です。

 

取り立ての順番は、電話連絡(複数回)→職場連絡→家族連絡の順番になります。
ただし職場連絡に移行するのは、催促の電話を無視した、悪質な未払いと判断された場合に限ります。
例え返せない状況であっても、無視せず電話にしっかり応対すれば、それ以上事が進む事にはなりません。
例え1回分の支払いに満たないとしても、ある程度返せる分は返しましょう。