債務整理の種類

自己破産とは

 

自己破産とは債務整理の手段の一つであり、自己破産をすることで債務者は現在抱えている借金の返済義務を全て免責してもらうことができます。どれほど膨大な借金も自己破産をすることで今後は返済する義務がなくなるため、多額の借金を抱えても自己破産をすれば返済せずに解消することができます。

 

債務者にとって莫大なメリットをもたらす自己破産ですが、当然デメリットも存在します。自己破産のデメリットとしてまず財産の差し押さえがあります。不動産はもちろん、自動車や大型家電、家具、その他売却できそうな財産はひと通り差し押さえられて借金にあてられます。

 

生活に必要な僅かな財産を残してほとんどの全財産が差し押さえられてしまうため、財産が多い人ほど自己破産のデメリットは大きいです。

 

民事再生とは

 

 

民事再生も債務整理の手段の一つです。民事再生を行うと現在の借金を減額してもらい、残りの借金を3年以内に返済することになります。借金が全額解消される自己破産と違い、減額されているとはいえ借金の返済義務がまだ残っているのが特徴です。

 

自己破産よりもメリットは小さいですが、その代わり不動産などの財産を手放さずに済むというメリットがあります。多額の借金を抱えているけれど、大切なマイホームは手放したくないというときは民事再生が役立ちます。

 

任意整理とは

 

任意整理は債務整理の手段の一つです。任意整理を始めるにはまず弁護士や司法書士に依頼、自分に代わって金融機関との交渉にあたってもらう必要があります。

 

任意整理を依頼された弁護士や司法書士は金融機関と借金の減額や分割での返済などを交渉、要求します。プロが直接交渉することで借金の総額を減らし、毎月の返済額をより少なくすることができるというメリットが任意整理にはあります。最近では任意整理をする過程で同時に過払い金の請求をすることも多く、金利次第では過払い金が戻ってくることがあります。

 

任意整理と自己破産の違い

 

同じ債務整理という中にくくられている任意整理と自己破産ですが、性質はまったく違ったものになります。一般的に知られている大きな違いと言えば、借金が減額されるか帳消しになるかの違いですが、確かに一番違っているのはそこかもしれません。
ですが、任意整理と自己破産の違いはそれだけではないのです。

 

まず、任意整理も自己破産も、借金により生活が圧迫されている人のための救済制度ですが、任意整理が『減額すれば払っていける』人のための制度であり、自己破産は『どうしてもこれ以上は返済できない』人のための制度です。
任意整理は裁判所を介さずに債権者側と和解案を元に話し合い交渉しますが、自己破産は裁判所を間に置き、様々な調査を元に免責の可否を進めていきます。

 

また、任意整理は和解案で決定した額を払っていくことが条件であるのに対し、自己破産はある一定の財産を処分しなければならなくなります。更に自己破産は免責許可の後に就ける職業の制限や、一部の資格の喪失や制限なども出て来ます。
また、ブラックリストと呼ばれる、信用情報に事故として記載される年月も、任意整理は約5年〜7年、自己破産は約10年と記載される長さに違いがあります。

 

特定調停とは

 

特定調停も債務整理の手段の一つではありますが、任意整理と違って弁護士や司法書士を交えずに直接行うことが特定調停ではできます。ただし、債権者と債務者との間に第三者として調停委員を置くことになります。

 

弁護士や司法書士を介さずに借金の減額や分割返済の交渉をすることができるので、特定調停では弁護士への依頼料を支払う必要はありませんが、専門的な知識がないと交渉が難航し、思ったような成果が得られない可能性があります。

 

特に過払い金の交渉などは計算が複雑な分、専門的な知識が求められます。依頼料を払って弁護士を雇う任意整理をするか、それとも余計な費用を払わずに直接交渉できる特定調停を選ぶかは債務者の収入や借金の具合を見て判断しましょう。