債務整理してまた借金した場合、2回目の債務整理って出来るの?

債務整理後にまた借金した 再度債務整理出来る?

これは種類によって異なるので、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)毎に解説します。

 

任意整理の後

 

これはほぼ大丈夫です。
条件としては、1回目の任意整理による借金が完済している事と、ある程度期間が経っている事です。
個人再生や自己破産のボーダーラインである5年〜7年が経っていれば、まず間違いなく可能でしょう。

 

ただし、1回目の任意整理でも返済が無理だったのでもう一度という債務整理は認められません。
あくまで1回目の債務整理が完璧に終わっている事が絶対条件です。

 

個人再生の後

 

難易度は厳しめです。
まず1回目の個人再生が終わっている事は当然として、1回目とは全く別の金融機関での借金の場合は認められる可能性はあります。
銀行でいうなら、1度目と同じ系列はまず不可能…というよりも、まず2回目を借りられる事はほぼ無いとは思いますが、銀行→個人再生→消費者金融(1回目の銀行とは系列が別)→任意整理のパターンであれば、後は相談した専門家の腕次第という所でしょうか。

 

ただ基本的には、個人再生の後は難しいと考えてください。

 

自己破産の後

 

ほぼ無理です。
一応法律的には7年後からは債務整理が不可能ではないのですが、裁判所で弾かれるでしょう。
他の債務整理とは違い、自己破産は借金帳消しです。
帳消しになったのにまた返せない程追い込まれるという時点で、自己責任だと判断されます。

 

また普通に考えても、自己破産後にまた自己破産が簡単にできるようであれば、誰も借金を返そうとはしなくなります。
そんなことがまかり通れば金融機関が破綻するので、当然と言えば当然です。
自己破産は1度限りの最後の切り札だと思ってください。

 

昔債務整理をしたことがあれば教育ローンは受けられない?

 

教育ローンという言葉が特別な枠組みであるかのように感じますが、言ってしまえば単なる消費者金融の融資審査と同じです。
レディースローンや不動産ローンという名前が、学費用途であるプランだと示すために教育ローンという名称になっているだけで、判断も当然通常の融資審査基準です。

 

なので、基本的に債務整理後は教育ローンを受けられません。
可能性があるとすれば、ブラックリスト削除後(5年〜7年後)ですが、中々厳しいでしょう。
どうしてもお金を用意する場合、街金(中堅消費者金融)でブラック可の所を探し、普通に融資を受けるという手段になると思います。

 

そもそも、教育ローンというのはかなり茨の道なので、それしか手段がない場合を除いてお勧めできません。
大体は大学の為に借りる事になるとは思いますが、卒業後にいきなり借金生活をスタートさせるのと同じです。
両親が払う場合は別として、本人負担で教育ローンを払う事になると相当なプレッシャーです。
卒業と同時に返済がスタートするので、本人が就職できたかどうかは関係ないのです。
特殊な学科を除いて、その学校でしか学べないというものは少ないので、教育ローンを組むにしても学費が少なめの大学をお勧めします。
無理に私立大学へ教育ローン経由で入学したとしても、ある意味絶対に失敗できない4年間が始まるのです。
特に就職関連は、本人の能力も勿論ですがそれ以上に景気に左右されます。
4年後に希望職種に就けるかどうかは、政治経済の状況次第です。