多重債務を一本化したい

.おまとめローンのメリット

 

ローン契約を結ぶ際、なかなか一つの業者では思うような金額が借りられない場合などに複数個の業者で借り入れをする場合が見られます。確かに借り入れできる金額の総量は多くなりますが一月に支払う返済額も膨れ上がりますし、それだけ金利の管理も大変になってきます。

 

そこで役に立つのがおまとめローンです。意味合いはそのまま、他の業者のものを一つのローン契約でまとめて他を返済させるというものです。そうすることで複数個の管理をしていた契約数もひとつに集約できます。それによって月々の返済額を総数で見て減らすことも出来ますし、残り残高の確認もしやすくなります。他の業者については完済実績も残りますので後は滞り無くおまとめローンを支払い続ければ傷を残すこと無くローンを処理することが可能なのです。

 

ただし、おまとめローンも返済のためとは言えどもローン契約ですので審査があります。おまとめローンを契約する時点で個人信用情報が傷ついてしまっている場合は審査落ちする可能性が非常に高くなりますので、返済が滞ってしまい困ったときに使っても遅いのがこのサービスなのです。

 

おまとめローンのデメリット

 

それにメリットばかりというわけではありません。高額なローン契約を再度結ぶわけですから金利が低いおまとめローンとは言えども他の負債分をまかなえるだけの高額借り入れをするということは一回の返済に対して発生する金利もまた然り高額になるということでもあります。長期に渡って返済する事になるので利息を多く支払う計算になるリスクがあります。それに返済が滞れば他の業者と同じように個人信用情報に傷がつくことになりますので、そう考えると安易に申し込みもできないローン契約でも有るのです。

 

更には人によってはこのおまとめローンをせっかく借り入れることが出来たにも関わらず他の用途でお金を使ってしまう方もいらっしゃるようです。ただその使い道が業者に伝わった時、場合によっては一括返済を要求されたりすることも有るようですので、使い道はしっかりと返済にしか使わないと決めておく必要があります。

 

これらを加味してもやはり複数の負債を抱えている人からすると魅力的なサービスであるおまとめローンですが、上記の通り通常通り審査を経て問題が無ければ貸出を受けることになります。

 

審査に通らない理由とは?

 

ここで言う問題、つまり審査に通らない理由にはどういったものがあるのでしょうか。

 

まずはやはり他社の未納が一番大きく影響します。滞納とは借りるだけ借りて返済能力が無いということを魅せつけてしまう行為でもありますので、当然貸し出す側の業者としてはその収入状況に対して貸出をしても返済にリスクが伴うと考えますし、リスク有るところにお金を使おうとはしません。

 

後は債務事故を起こしている場合です。債務事故とは自己破産などの法的方法を用いて借金に対しての救済措置を利用するというものです。これらも場合によっては貸出対象となることもありますが大概の場合は信用情報にこの旨の記録は残りますので上記のように貸出に対するリスクを懸念して貸し出してくれないことがあります。

 

後は通常通りの審査を行うので社内基準はわかりかねますがおおよその場合ですと安定した収入があるかどうか、継続した返済能力が存在するかどうかで確認されます。これらの審査を通常通りクリアしてやっとおまとめローンも融資を受けることができるのです。

 

便利だからといって誰でも借り入れができるわけでは無いサービスであるだけに困る前に自分の将来を見据えて利用するようにしたり、後は返済不能に陥ってしまう前に自分で時期を見つけて利用するなど、タイミングが問われるサービスでもあります。タイミングを間違えてしまうと無駄遣いをしてしまったり、はたまた審査に落ちて本当に必要な時に助けを受けることができなくなってしまうのですから、借金は前後を見据えた対応が必要ということです。