任意整理で支払えなくなったらどうなる?取り立てについて

任意整理って何?

債務整理と呼ばれる中でも一番軽いのが、任意整理です。
払えない借金に対して、専門家を通じて銀行や消費者金融に交渉して、借金総額を減らしてもらう為の手続きになります。

 

大体は問題なく成功しますが、借金減額の交渉を受け入れるかどうかは金融機関側の判断なので、稀に任意整理を断られる事もあります。
ただそうなると払えない側は個人再生や自己破産に手続きが進む事になるので、結局は何らかの債務整理に頼る事になるでしょう。
自己破産になると借金は一切回収できなくなるので、任意整理の時点で基本金融機関側は受け入れます。
多少回収金額が減ったとしても、ゼロになるよりマシだという事です。

 

任意整理成立後は、5年間ブラックリストに載ります。
信用情報機関に任意整理をしたと記載されるので、この間他で借金をしたりローンを組んで買い物をするのはほぼ不可能になります。
分かりやすくいえば、本人の社会的信用がわかる名簿に、「借金を踏み倒した経歴あり」と書かれるようなものです。
厳密には任意整理は減額された状態で借金を支払うので違うのですが、金融機関の審査的な扱いでは変わりません。
そういう意味では個人再生や自己破産に比べ、デメリットに対するメリットが少ない債務整理ではあります。

 

任意整理後に支払できない時はまずどうしたらいいのか

 

パターンが2つに分かれるので、順番に解説していきます。

 

一時的に払えない場合

 

今月の返済がトラブルによって無理な場合は、その旨を伝えて話を通すだけで任意整理は継続できます。
勿論必ず事前に伝えなければいけませんが、任意整理が成立している時点で揉めることはあまりありません。

 

法律上では、1回分の支払いの2倍以上の延滞が発生した場合任意整理が無効になる可能性があります。
しかし任意整理はそもそも交渉によって成り立つので、延滞金追加かお咎めなしである事が殆どです。
任意整理が無効になったところで払えるわけではないので、結局その先自己破産されるよりは融資側も得だからです。

 

完全に支払い継続が不可能な場合

 

リストラ等で収入が途切れてしまい、任意整理の減額分ですら返済が不可能になる事があります。
この場合、殆どは自己破産に移行することになります。
これだけ見るとトラブルになるような気がしますが、このケース自体はよくある事です。
むしろ任意整理で返済をしていた期間が、返済意志はあったけれどやむを得ない事態となったと判断されるため、通常の自己破産よりスムーズに成立する傾向があります。
任意整理時に相談した弁護士・司法書士にそのまま自己破産の手続きをお願いするので、改めて金銭状況を調べる必要もありません。

 

どちらの場合も全てがどうにかなるとは言いませんが、あくまで任意整理は交渉なのである程度の融通が効きます。
事情が変わった場合は早めに相談する事をお勧めします。

 

任意整理を依頼すると債権者からの取り立ては止まるのか?

 

正確には、任意整理を依頼された専門家(弁護士・司法書士)が書類を送って、取り立てのストップを依頼する事になります。
催促の電話が掛かってきた際には、既に任意整理の相談をしている事を伝えればほぼ引き下がってくれるでしょう。
逆に言うと、そこからさらに取り立てに移行するような業者はそもそも正規業者ではない可能性があります。
法律の範囲で任意整理という決着が付いているのに、それを無視するという事は会社側も法の範囲外=闇金です。
もし闇金の場合は、始めから返済する義務もありません。
任意整理とは別ですが、それはそれで専門家に相談しましょう。

 

普通の貸金業者の場合は、基本的に機械的に電話を掛けています。
返済日を過ぎた顧客に対し連絡しない訳にはいかないというだけであって、その取り立ての電話で何が何でも回収しなければならないという訳ではありません。
取り立ての電話に脅えるというエピソードは話半分である事が多く、そもそもあまり借金している事を誰かに話す人も少ないのです。
どうしても現実の取り立てを見る機会など少ないので、ドラマや漫画の取り立てを想像してしまいますがあれは過剰演出です。
今の取り立ては余程悪質な踏み倒しでない限り自宅訪問されることもありませんし、職場に突然来られるという事もありません。

 

任意整理の申し立て=とりあえず終わるまでは借金の返済の必要はないという事です。