無職はキャッシング出来ない

無職ではお金は借りられないのか?

収入が無い人が消費者金融や銀行から借金ができるかというとかなり厳しいです。
例えば、就職や働くあてがあって返済する目途が立っていれば借入ができる可能性があるかもしれませんが、お金を貸しても返済するあてがない人に貸し付けをしてくれるはずがありません。
借入をする際に年収や他社の借入状況を調べるのは、収入と支出のバランスを見て申し込みをした人に返済能力があるか見極めるためです。

 

また消費者金融では、貸金業法の中にある総量規制により、個人の年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという法律に則って貸付を行わなければなりません。
「無職=年収0円」は、年収0円の3分の1は融資可能額が0円なのです。
ということは、無職で収入が無いのであれば貸金業法という法律に則って営業している消費者金融系での借り入れは不可能ということになります。
では貸金業法の総量規制が適用されない銀行ではどうかというと、可能性が無いわけではありません。

 

銀行の中には「ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限にお申し込みいただけます。」と表記しているところもあります。
例外として、保証人がいれば借入は可能になります。また、資産価値のある不動産があれば、それを担保としてお金を借りることができます。