申し込みブラックかもとお悩みの方へ

申し込みブラックとは

申し込みブラックとは、複数の金融機関に短期間で融資を断られ続け、既に審査するまでもないと判断されてしまった人の事です。
というのも、申し込みブラックは1社目が断られていなければ2社目に行く必要が無いので、単独で陥る事態ではありません。

 

回避方法としては短期間で連続審査をしないという事なのですが、あくまでこれは申し込みブラックを回避するだけで何の意味もありません。
申し込みブラックになっていなくても、審査基準に満たない方は時間を空けようが何をしようが収入と生活状況が変わらない限り審査には通りません。

 

特にテレビCMで毎日宣伝しているような大手消費者金融は、建前上審査基準は会社それぞれですが、年収の最低限ラインはどこも同じです。
大体200万円以上といわれているので、それに満たない場合は1社目に落ちた時点で別の大手消費者金融を訪ねたところで結果は同じです。

 

また最近はインターネット簡易審査がどの大手消費者金融にも存在するので、まずは申込前に簡易審査を試してみましょう。
もしそこで落ちた場合、必然的に本審査に通る可能性はゼロなので、申し込むだけ無駄です。
むしろ頑張って複数訪ねても申し込みブラックという不利な経歴が記載されるだけであって、何の得もありません。

 

申し込みブラックになった時の対処法とは

 

対処は簡単、大手で無理なら中堅消費者金融(街金)で借りましょう。
大手消費者金融の受け皿といってもいいのが中堅消費者金融で、年収や生活環境面のあらゆる審査基準が大手より緩くなっています。

 

最短ルートとしては、大手1社に断られた時点で諦めて中堅を訪ねましょう。
例え既に短期間の連続申し込みブラックになっていたとしても、それは大手消費者金融の話なのでそれほどマイナス要素にはなりません。
元々大手では融資できない方がメイン顧客なので、余程無理な人でない限り融資が受けられます。

 

こちらの審査は年収はそれほど重視されません。
元々大手では無理(200万円以下)という事は分かっているので、その人がちゃんと返済できるかどうかが重視されます。
素行(金融機関で見る情報的な)次第です。

 

また中堅消費者金融は大手程審査基準が横一線という訳でもないので、ここは無理でもあそこは大丈夫という可能性も多少はあります(かなり低いですが)
なので3社程度の中堅で審査を受けてみましょう。
申し込みブラックにならないとは言いませんが、お金を借りるという手段でいえばここはもう最後の頼みの綱です。

 

それでも駄目な場合は、既に貸金業者に頼れる段階は過ぎています。
弁護士や司法書士に相談して、債務整理(この場合はほぼ自己破産)の手続きをすることをお勧めします。