借金を返せず放置するのはいけない

強制執行とは

強制執行とは、再度に渡る支払い請求を無視し続けると強制的に債務者の財産を差し押さえ、そこから請求額の支払いを行う制度のことを指します。差し押さえられるのは銀行の口座や会社の給料、手持ちの現金や車などの動産、更には不動産として家や家具などに至るまで様々で、この不動産は競売にかけられ、競売で売れた金額から請求額が支払われます。

 

赤札という言葉や、実際にこれが貼られたものをドラマや映画、漫画などで見たことはありませんか? 差し押さえによって強制的に徴収される品に貼られるのが、この赤札です。銀行の口座や支払われる給料、手持ちの現金などから請求額が全額返済出来ればそこまでは行かないかもしれませんが、実際強制執行まで行われる方はそれでも負債が残る場合があり、不動産を差し押さえられる方も多いでしょう。

 

この強制執行で差し押さえられたものは、特に家などの暮らしに必要なものであっても買い手が決まると債務者はすぐに出て行かなければなりません。
強制執行は行う側にとっても最後の強行手段ですから、債務者にどういう事情があり何を弁明しても強制的に持っていかれます。そのために、強制執行はなるべく避けましょう。

 

家賃滞納で強制執行手続きを取られたけど止めさせる方法とは

 

金融サービスや家賃などの継続支払い義務の生じるサービスを利用する上でいちばん怖いのが強制執行です。財産の差し押さえや家財回収などを強制的に実施されてしまうのですが、起因元がご自身で合ったとしてもさすがに困るかと思います。ただ場合によってはこの強制執行を停止させる方法があります。

 

ですが強制執行の停止はタイミングと即時性が必要です。というのも強制執行は業者が申請をしてすぐに実施されるものではありません。ただし執行対象者にいつ執行されるのかと通知されるものではありませんので、執行確定タイミングで申請していては停止も通りません。

 

手続自体も裁判所で強制執行の控訴提起を行った上で裁判を実施し、強制執行停止決定書を提出する必要があります。銀行への差押命令が発令されていないかどうかなどで対応方法もケースバイケースで多様です。そのため停止を行いたい場合は法律家に相談することがほぼ必要です。

 

弁護士の場合は代理権の行使で対応自体も代行してもらえますが、司法書士の場合は必要書類の作成までは行ってもらえますが裁判の出席や対応については自分自身で対応する必要があります。そのため自分で対応できることが無いかどうかはまず相談し、金銭状況に合わせて依頼するとよいでしょう。