建築業の借り入れ事情

建築業の借り入れ

お金を借り入れする場合、その人の業種や就業形態も重要になることが結構あります。正社員なのか、契約社員なのか、アルバイトやパートなのかは特に問題視されます。理由としては安定した収入があるかどうかの証明が可能か否かというところにあるのですが、同じ着眼点で建築業の方々というのは少々借り入れには不利なことが多いようです。

 

大体の場合は安定した収入を証明するために給料明細を提示して証明することが多いのですが、建築業の場合は日雇いの場合や社員でも日払いのことも多くそのため給料明細というものが月間で発行されていないことも多いと言われているのです。月給制で給与明細が発行されているのであれば金融業者側としては建築業自体が問題があるというわけでは全くないので、給与明細が会社から発行できるのかどうかで左右されるのです。

 

ただ正社員であったとしても雨天等で給料が変動してしまうことが殆どである建築業の場合、時期によってはお金に困ることもあることでしょう。借り入れをしようと考えていらっしゃる場合はまず給与明細が会社から発行できるのかどうかを一番に確認し、ご自身が日雇いでは無く固定給付対象であるのかどうかも確認しておいたほうが無難でしょう。