借金をチャラにしたいけど自己破産は危険なのか

自己破産って借金がチャラになる?

 

これ以上、自己の収入だけで借金を返済することが不可能であることが裁判所に認められると、借金の返済義務を全て免責してもらうことができます。これが自己破産です。自己破産をすると税金以外の全ての借金がチャラになるという効果を債務者は受けることができます。

 

当然、借金が全額チャラになっては債権者は大赤字です。せっかくお金を貸したのに、回収できずに終わってしまっては貸し損です。そのため、自己破産にはできるだけ簡単にできないように、債務者側にも大きなデメリットがあります。それは差し押さえです。

 

自己破産をすると借金を全てチャラにしてもらうというメリットの代わりに、価値のある財産を差し押さえられ、換金され、債権者に配当、借金返済にあてらるというデメリットがあります。ただし、本当に全財産を差し押さえてしまうと今後生活できなくなってしまうため、20万円以下の預貯金などは差し押さえられず、残すことができます。

 

自己破産の直接的な影響は自己破産をした当事者にしか降りかかってはきません。もちろん、家族が保証人になっていれば、返済できなかった分の借金を保証人が払うことになりますが、家族だからという理由で返済できなかった分の借金を肩代わりしなければならないということはありません。

 

自己破産のメリット・デメリット

 

自己破産のメリットはまず税金以外の借金が全て解消されることです。そのデメリットは、20万円以下の預貯金などの生活に必要な財産を残し、ほぼ全ての価値ある財産が差し押さえられることです。

 

一見するとメリットとデメリットのバランスが取れている自己破産ですが、財産の少ない人にとっては自己破産をすることによって被るデメリットは少なく、反対に財産が多い人にはデメリットの影響が大きくなる傾向があります。

 

例えば多額の借金を抱えているものの、不動産はおろかこれといった財産もなく、そもそも預貯金もないという人の場合、差し押さえられるような財産がほとんどないため、自己破産によるデメリットはほとんどないです。

 

一方で、土地やマイホーム、別荘、高級車、高級家具、大型の家電の数々など、財産を多く所有する人の場合、ほとんどの財産を差し押さえられてしまうためデメリットはとても大きいです。特に社会的にステータスのあるような人の場合、自己破産をすることで周囲の評価は著しく下落、マイナスになってしまい、今後金融機関からお金を借りれないだけでなくクレジットカードを作るのも困難になります。

 

自己破産はする人によってデメリットの大きさが異なります。特に資産がない人と違い、資産が多い人は自己破産以外の債務整理の手段にしないと大きな損失を被ることになります。

 

自己破産すると家族はどうなるの?

 

当事者の保証人にでもならない限り、自己破産をした当事者の家族に直接的な影響はありませんので、借金の肩代わりをするかどうかで家族が心配する必要はありません。ただし、直接的な影響はありませんが、間接的な影響はあります。

 

例えば、自己破産をした当事者名義の不動産があればそれは差し押さえの対象になりますので、自己破産を機に家から出て行くことになる可能性があります。

 

さらに、生活に必要な預貯金は残してもらえるとはいえ、それは20万円までとなりますので、今まで通りの生活水準を送ることは困難になります。

 

もちろん、同じ家族のマイホームであっても、名義が自己破産の当事者ではなく、その家族の名義であれば差し押さえの対象外になりますので、継続して生活することもできますし、財産も差し押さえられずに済みます。

 

自己破産をすると今後お金を借りたり、クレジットカードを作るのも困難になりますが、それは当事者に限った話であり、その家族までお金を借りるのが困難になるというわけではありませんので、今後不自由なく生活することができます。

 

家族といっても自己破産の責任は当事者本人に限定されます。そのため、家族が自己破産をしそうであっても必要以上に協力する必要はありませんし、借金を当事者の家族だからという理由で肩代わりするなど過度な犠牲を払う必要もありません。