安定のない自営業は借りるのは難しいのか

自営業や個人事業主が借りる理由とは

 

雇用されている人はたとえアルバイトやパートであったとしても毎月安定した収入を得ることができます。しかし、自営業や個人事業主の場合、毎月の経営が必ずしも上手く行くとは限りません。不景気になれば売上が落ちることもありますし、経営環境が悪化すればどこからか資金調達をする必要があります。

 

仕事さえしていれば確実に収入が得られるアルバイトやパートはプライベートな理由でお金を借りることが大半ですが、自営業者や個人事業主の場合、仕事とプライベートが直結していることがほとんどです。仕事をしたからといって必ずしも売上が入る見込みがあるわけではないため、お金を借りる目的も雇用されている人とはだいぶ違います。

 

生活費や冠婚葬祭が目的でお金を借りることが多い雇用されている人と違い、自営業者や個人事業主がお金を借りる目的は事業の資金調達であることが多いです。

 

ビジネス目的で借りることが多いため、その金額も雇用されている人たちよりも格段に高くなる傾向があります。生活費が必要ならば数万円から数十万円あれば何とかなりますが、自営業者や個人事業主の場合、数十万円から数百万円単位のお金が必要なるケースが多く、その大半が必ず返済できる見込みがないものばかりです。

 

安定した収入源がない分、お金を借りるのが難しいというリスクが自営業者や個人事業主にはあります。

 

自営がうまくいかない 経営失敗の理由にはどんな事があるのか

 

自営業が上手くいなかいケースは様々です。景気の急激な変化や、事業環境の悪化など、様々な要因で経営が失敗します。しかし、一番の理由は資金繰りです。自営業者の最大の悩みといえばいかに資金を調達するのか、これに尽きます。

 

たとえアルバイトであっても消費者金融会社からお金を借りることができる昨今、自営業者はアルバイトやフリーター、パートよりもお金が借りるのは難しい立場にいます。もちろん、経営が上手くいっている自営業者であればそれほどお金を借りるのは難しくはありません。むしろ安定した経営ができている自営業者であれば、金融機関は積極的にお金を貸したがります。

 

しかし、そもそもお金を借りようとしている自営業者の経営が上手くいっているわけがなく、大半が経営の行き詰まりを解消するためにお金を借りるのです。たとえ事業が上手くいかなくても挽回をすることは可能です。しかし、挽回をするためにも莫大なコストがかかるのです。

 

事業が悪化しているとき、融資をしてくれる金融機関があったおかげで一命を取り留めることに成功、その後経営も安定し、事業を継続することに成功した自営業者がいる一方で、資金調達に失敗し、そのまま事業が破綻してしまった自営業者がいるのも事実です。

 

資金調達できるか否かが、経営の成否を左右するのです。

 

自営業がキャッシングの審査に通るにはどうしたらいい?コツは?

 

アルバイトやパートなど少ないながらも収入が安定している人たちと違い、自営業者は収入が安定していないため、キャッシングの審査はどうしても厳しいものになってしまいます。もちろん、消費者金融会社の中には自営業者でも申込み可能なところはありますが、申込みが可能であることと実際に融資を受けられるかどうかは別次元の問題です。

 

審査が厳しくなる傾向のある自営業者ですが、きちんとコツさえ掴んでおけば審査を無事通過して融資してもらうことができます。では、自営業者が融資を受けるためにやっておいた方が良いコツとはどのようなものかというと、まずは正直さがあります。

 

どのような経営環境であろうと嘘は厳禁です。正しい内容に基いて正直に申告をしましょう。その上で、借入額はできるだけ低めに設定すると審査が通りやすくなります。

 

いくら審査が厳しいといっても、少額の借入に対してまでそこまで厳しい審査をすることは早々ありません。50万円までの少額の融資であれば、自営業者であっても審査落ちせずに融資してもらえる可能性が高いです。

 

正直に申告することと、借入額を低めに設定すること、これらのコツを実践することで、自営業者であってもキャッシングできる可能性が高まります。キャッシングを利用するためには収入証明書類の提出が求められますので、事前に用意して臨みましょう。